どうもyusukeです。

何をやっても上手くいかなかったり、自分の現状に満足できていないという人が、成功できるようになるためのマインドについて今回はお話をしていきます。

 

今よりも人生をより良くしていきたいけれど..

何をどう変えていけば良いのか、よく分からないという場合には特に参考になるかと思います。

今回お話をしていく内容を要約すると、以下になります。

 

何をやっても上手くいなかい場合

  • 人生とは選択の連続であり、上手くいかない人は、選択を毎回間違えてしまっている。
  • 「失敗は成功の素」とは言うが、しなくて良いはずの失敗はしない方が良い。
  • 無駄な人生の遠回りを避けるために、自分の選択を変えていく2つの方法がある。

人生の選択でミスや失敗をしなくなるための2つの要素【動画講義】

それでは早速動画講義を受講されてみてください!

こちらの動画講義の内容を確認された上で、以降の内容を読んでいかれることで、理解がしやすいようになっています。

最も親しい人を10人足して10で割ると自分になるとも言われている

これは誰もが思わず納得してしまう考え方ですよね。

このフレーズはIBMやコカ・コーラなどアメリカの超一流企業の経営助言を行っていたジム・ローンが、言い始めたことで有名になった一節を少しアレンジしたものです。

「人間は、いつも周りにいる5人の平均をとったような人になるものだ」

ジム・ローンズ

ジム・ローンは5人と言っていたのですが、最近では10人バージョンになってきています。

なんか増えましたね(笑)

人生で付き合う人間関係を取捨選択することは悪いことではない

超一流の人々というのは、意識的に自分が付き合う人を選択していることが分かりますね。

「人を選択する」というと、ちょっと嫌な気もしますが、これは差別しているということではなく、自分自身が成長していくために、そのパートナーを見つけているということに他ならないと思います。

 

例えば、野球少年を例に考えてみると、ある意味で当然なことに気づくと思います。

小学生で地域の野球チームで1番になった少年がもっと上手くなりたい・・と思ったら、どのようにするでしょうか?

恐らく、今よりも野球が上手なチームメイトが集まり、強豪のチームを探して、中学で野球を頑張るはずです。

 

そして、中学でも良い結果を残し、高校で甲子園を目指したい!と思ったら、当然ながら甲子園を目指せる高校に進学する訳ですよね。

これって、人を差別しているのか?というと、そうではないですよね。

 

自分のステージが上がると、付き合う人が変わるのは当たり前のことなので、逆に自分のステージを上げていきたいと思ったら、付き合う人を変えてみるというのは全然おかしいことではありません。

(ただ、そもそも相手から付き合ってもらえる自分かどうかということは、前提条件としてあります。甲子園を目指せる才能がない人は、強豪校のチームに受け入れてはもらえないですよね。。汗)

人生選択の質を高めたいと思ったら、まずは環境から変えるべき

今回の動画講義の中でも取り上げた通りで、現在の自分というのは以下の2つの要素から出来上がっています。

  • これまでの外部環境
  • 過去の自分の選択のすべて

現状に満足できていない部分があるという場合には、どちらかを変えていく必要があります。

 

動画の中では、具体的な改善策として、

  • 自分自身を引き上げてくれる師匠(メンター)と出会う
  • お互いを高め合える仲間と出会う

という2つを挙げました。

 

これには実は理由があります。

①外部環境を変えるのと、②過去の自分の選択を考え直して、未来の選択を変えていくこと、

どちらの方が実行しやすいか?というと圧倒的に①の方が実行しやすいからです。

 

もちろん時間をかけて、自分の過去の選択を見直していくことはやった方が良いです。

ただし、これは非常に時間が掛かります。

それに、何か気づきを与えてくれる存在が無い場合、自分自身で一生考えていても、何も分かるようにならない可能性すらあり得ます。

 

そういった意味で、まずは外部環境(師匠や仲間)から変えていくということは、実行性の高い解決策になるのです。

まず何から変えていけば良いのか分からない…という場合には、すぐに外部環境を変えるところから着手をしていきましょう!

自分が物事を判断する尺度を見直すためのヒント

もしも、これまでの人生における選択を間違ってきてしまっている場合には、物事を選択する基準を見直してみる必要があると言えます。

 

数学で正しい答えを出したい時に、以下の状況だったら、どうなるでしょうか?

  • 先生が教えてくれた公式がそもそも間違ってしまっている…(ちゃんと教えてくれ・・・)
  • 自分自身が公式を間違って覚えてしまっている

 

→どちらの場合も、正しい答えは絶対に出ないですよね。

1つ目は、師を間違えてしまったパターンですよね。。

物事を教わる相手は慎重に選びましょう。

 

2つ目がここで言いたい内容です。

物事を判断する際にも、自分の求めている目的に近い、価値尺度があるはずです。

それを意識しながら、日々の人生における選択ができているのか?という点が重要ですね!

 

僕の話にはなりますが、会社員の時にはここの部分を考えることができていませんでした。

自由な人生を歩んでいきたい、嫌な上司や競争して蹴落としあう同僚とではなく、自分が心から尊敬できる仲間と一緒にビジネスをしていきたい。

心ではそう思っていたのに、実際やっていたのは、会社で社畜のように頑張ることと、査定を上げるための努力だけでした。

 

これでは、自分の目標と、日々の選択が間違っているのですから、全体に自分が望んでいる結果は得られなくて当たり前でした。

そして、そんなちぐはぐな日々を繰り返すうちに、心を病んでしまいました・・。

 

でも幸運なことに、会社から少し距離感を置いてみることができました。

それによって、ようやく自分の真の目標に気づいて、ネットビジネスに没頭し、正しい価値尺度で日々の選択を変えることができたんです。

結果的に、会社からも解き放たれて自由を手にすることができました。

 

結論:人生は自分の選択ですべてが決まる

人生で成功できるチャンスを掴み取れるかどうか、というのは、日々の自分の選択にすべて懸かっています。

人生で成功できるかどうか、自分の思うような結果を残せるかどうかは、すべてあなた自身の選択次第です。