どうもyusukeです。

今回はWordPressとエックスサーバーを使っている方向けの内容となります。

この両方を使われている場合には、かなり簡単にSSLの設定を行うことができます。

また今回は初心者の方も想定しているので、そもそもSSLとはなんぞや??ということから少し解説していきたいと思います。

SSLとは?

SSLというのは、一言で言ってしまうと、「暗号化通信」のことになります。

暗号化されている通信は、暗号化されていない通信に比べて、セキュリティレベルが高いということになります。

暗号化されていない通信の場合、第三者から通信の内容を盗み取られてしまったりして、あなたのウェブサイトの閲覧履歴や、最悪の場合には個人情報まで抜き取られてしまうこともあるので、SSLが設定されているサイトかどうかというのは実は非常に大事なポイントです。

httpとhttpsの違い

ウェブサイトのURLを見ていると、以下の2パターンがあることに、これまで気づいたことはありましたか?

“S”があるパターン https://yusukeflsd.net/

“S”がないパターン http://yusukeflsd.net/

 

実はここだけで、SSL設定がされているかどうかが見分けられるのです。

SSL設定がされているサイトの場合には、表記がhttpsとなり、”S”がつくパターンとなります。

Google Chromeのブラウザの場合だと、最近はhttpのサイトに対して「保護されていない通信」と、より強調して表示をするようになってきています。

SSLにはどんなメリットがある?

上述した通りで、1番のメリットは通信のセキュリティが上がる点です。

他にはというと、副次的なメリットとしては、サイト読者から信頼性の高いサイトだと認識してもらえるようになり、サイトの信頼度が上がるという点もあります。

 

またSSLになっていないと、Googleが検索順位を下げるアルゴリズムを組んできているので、メリットうんぬんよりも、単純にデメリットが大きいな・・・という感じかもしれません。。

エックスサーバーでWordPressのSSLを設定する手順動画

初めてSSLの設定をされるという場合には、以下の動画を参考にしつつ設定を行ってみてください。

大まかな流れとしましては、以下のようになっています。

  1. エックスサーバーでSSL設定を行う
  2. WordPressでhttpsの設定を行う
  3. エックスサーバーでリダイレクト処理を行う

 

3番目のリダイレクト作業で使うことになるスクリプトは以下になります。

コピペをして、使われてください。

 

※動画の中でもお伝えしていますが、

htaccessにリダイレクト処理を記述する手順は、

少しでも間違えると、サイトにアクセスすることができなくなります。

それなので、慎重に作業を行うようにされてください。

 

サイトにアクセスできなくなってしまった場合でも、

弊サイトでは責任を負いかねますので(と言っても致命的なことにはならないと思いますが)

あらかじめご了承ください。

 

私のコンサル講座を受講されている方であれば、

何かトラブルが起こってしまった場合にはご相談ください。

サポートして解決します。