どうもyusukeです。

関東地方への上陸は遅れていますが、台風12号が刻一刻と迫ってきていますね。

気象庁が異例の記者会見を行っていますし、不安な方も多いのではないでしょうか。

 

ビジネスで稼ぐことも大事ですが、何よりも命あってこそ、健康な身体があってこそです。

しっかりと台風への備えを万全にして、今晩を迎えるようにされてくださいね!

 

台風12号へのオススメ準備を少しだけ紹介します。

特別警報が出てからでは避難は間に合わない

実は私は、この事実を知りませんでした。

特別警報は最後通告なんですね。

それなので、特別警報が出るよりも前に避難を始めなければなりません!

 

気象庁から発せられる警報にはどんな種類があるのか、まずは知っておくようにしましょう。

気象警報の種類

  • 特別警報
    大雨(土砂災害、浸水害)、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
  • 警報
    大雨(土砂災害、浸水害)、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
  • 注意報
    大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪

 

今回の台風で言うならば、大雨洪水警報が発せられた時点で避難を考え始めてください。

もしくは、避難を始めるようにされてください!

避難場所の確認

突然、避難すると言ってもどこに逃げたら良いのか!?分からないですよね。

私も一体どこに逃げれば良いんだよ・・と思いました。

 

例えば、荒川が流れている東京都荒川区であれば、荒川区洪水ハザードマップというものが存在します。

↓このようになっています。

荒川区洪水ハザードマップ

 

「自分の住んでいる市区町村名」+洪水ハザードマップ で検索をされてみてください!

 

これを見てみると、避難すべき方角高い建物が示されています。

いざ避難しようと思った時に確認をしても遅いので、夕方までには確認を済ませておくようにされてくださいね!

その他の準備

避難場所の確保が最も大事だったので先に書きましたが、それ以外に私が重要だと思った準備をご紹介します。

NHKニュース・防災アプリのインストール

リアルタイムの台風の状況を知ることができる貴重な情報源になります。

もちろんNHKニュースでも情報を知ることができますが、自分の住んでいる地域に関する情報を常にリアルタイムで把握するためには、アプリの方が良いかと思います。

 

iPhoneの場合はこちらから

 

NHK公式ページ

Androidの場合はこちらから

NHK公式ページ

 

雨具の準備

台風の中で傘をさして避難することは不可能です。

レインコートなどの雨具、長靴などを事前に準備しておけると良いと思います!

 

 

その他、シェアしておいた方が良い情報などがありましたら、コメント欄へぜひ情報提供をお願いします!

台風12号どうにか乗り切りましょう!