どうもyusukeです。

私はネットビジネスを副業にして、

稼いでいる経営コンサルタントです。

 

今回はyoutuberの稼ぎの仕組み、

動画の再生単価について考えてみたいと思います!

youtuberは実際に稼げるのかどうか?

気になりますよね(笑)

今や小学生が憧れる職業ランキングの

一位になっていたりもします。

 

実際に稼げるのかどうか、

判断する材料となるのが、

youtubeの再生単価です。

 

巷では、再生単価は0.1円と噂をされていたりしますが、

実は正確な情報ではないです。

 

再生単価はいくらなのか、

youtubeの収入で本当に生活を

していくことが可能なのか、

紹介していきたいと思います。

youtubeの再生単価は?

これは、人によって異なるというのが正解になります。

つまり、一律でいくらと決まっている訳ではないんですね!

 

ただ、単価のレンジとしては

0.1円未満~0.3円の間になります。

 

この単価はgoogleのアルゴリズムが

自動で算出している金額になっています。

 

そして単価の変動要素としては、

以下があげられます。


  • 子供向け広告なのか大人向け広告なのか
    →視聴者のうち大人が多いと、広告単価が高くなります。
    一方で、子供向けの動画は広告単価がめちゃ安いです。
    やはり高単価なモノを購入しやすい大人の方が単価高いということですね!

 

  • 季節的な変動
    →広告主ありきのビジネスなので、
    広告主がたくさん広告を使いたい決算前は単価が高くなりやすいです。

 

  • youtuberとしてのチャンネルの人気度
    →企業としても、人気なyoutuberに広告を出したいと考えるのは当然なので、
    人気な人ほど高い単価になっていきます。

 

始めたばかりの人は、再生単価は0.1円未満というのが真実ですね。

※2018年2月28日にyoutubeの規約が改訂され、ほとんどのyoutuberが広告を掲載すらできなくなりました。

【YouTube新規制】登録者数1000人&年間再生時間4000

 

一方で、ヒカキンさんのようなトップユーチューバーだと、

当然0.2円~0.3円の再生単価になってくると考えられます。

youtuberで生活していけるのか?

上記の文章でも少し触れましたが、

これから新たにyoutuberに挑戦しようと考えている人は・・かなり厳しいです。

 

2018年2月28日の規約改訂で、

以下の2つを満たしていないと

広告掲載すらできなくなりました。


・チャンネル登録者が1,000人を超えている

・年間の再生時間が4,000時間を超えている


これは普通に運営していっても、半年以上はかかると思った方が良いです。

 

では、仮にこの基準をちょうどクリアしていたとすると、いくら収入が入ってくるのでしょうか?

4,000時間を1動画の平均時間の6分で割ってみると、

40,000回は再生される必要があることが分かりますね!

 

それに、再生単価が0.2円で計算してみると、

8,000円!!!

 

この厳しい条件をクリアできても、

8,000円しか入ってこないです・・!

 

計算してみて、私自身も驚愕しましたw

これは相当割に合わないビジネスですw

月収30万円を稼ごうと思ったら

かなり厳しいことは分かりましたが、

少し夢見てみたいですよね!

 

では人気ユーチューバーになって、

月収30万円を稼げるようになるには

どれくらいの再生回数が必要になるのか??

 

再生単価0.2円で計算してみましょう。

30万円÷0.2円/回 = 150万回

→どうやら150万回というのが1つの目安にはなってきそうです。

 

ただ、これも再生単価が0.1円の月だったりすると、

その倍の300万回再生されなければならなかったりするので、

分かってはいましたが、なかなか厳しい世界ですね。。

youtuberとしてメシを食えるようになるためのスキル

厳しい世界であることは十分には分かりましたが、

もしそれでも成功しようと思ったら、

どのようなスキルが必要になのでしょうか。

 

上記でも触れた通り、本当に稼げる

ようになるには、他のyoutuberとの

差別化が必要不可欠になってきます。


  1. 独自コンテンツの企画力
    →それも単発の企画だけでなく、
    毎回企画を当てる能力が必要です。
  2. 自己プロデュース力
    キャラ立ちしないといけません。
    企画が面白くても、出演している人が微妙では、人気が集まりませんよね!
  3. 高いコミュニケーションスキル
    直接会話をする以上に、動画を通して人に考えを伝えるのは、とても難しいです。
    私もyoutubeの動画コンテンツを作成しているので分かりますが、
    普通の人では、動画で自分が伝えたいことの半分も視聴者には伝わらないです。
  4. 動画の編集スキル
    これは慣れでどうにかなりますが、パソコンで動画を編集するためのスキルを身に付ける必要がありますね!
  5. 1年365日、動画を作成してアップし続けられる鋼のメンタル
    多分、これが一番難しいスキルなのではないかと個人的には思います。動画を見るだけだと、とても華やかな世界に見えますが、
    実際はめちゃくちゃ大変だと思います。
    ヒカキンさんが毎日睡眠時間3時間というも頷けます。

 

ヒカキンさんは動画編集などあらゆる作業を自分でやっているからというのもあるかもしれませんが、
どんなに人を雇ったりして作業を効率化しても、楽に稼げる類のビジネスではないことは明らかですね・・!