「人と関わり合って生きていくのとか、仕事しないといけないのとか、ムリゲー。

本当に全部疲れた。。

できることならば、もう一人で仕事をして生きていきたい。」

 

あの時の僕は本当に疲れていました。

仕事にプライベートに。。そう思ってしまうくらい、追い込まれていました。

でも極限の状態で感じた、あの時の自分の感情は決して嘘や偽りではなかったと今でも思っています。

 

やっぱり人と関わり合って生きていくのって、疲れるんです。

僕はどちらかと言ったら、そんなに向いている方ではないと今でも思っています。

 

ところが社会の中で生きて、働いていくと、

そういった小さな自分の本音に耳を傾けてあげる余裕がなくなるんです。

「〜すべきだ」「〜した方が良い」

そんな考え方でどうしても考えてしまって、本当の自分の声がどんどん聞こえなくなっていく・・。

 

だから、僕はあの日から、本当の自分の声しか聞かないと心に誓いました。

今のところ、その誓いを破らずに頑張り続けています。

これで良かったのかどうか、最終的な答えは出ていないかもしれないですが、現時点では良かったと思っています。

 

人と関わり合うことを無理にしなくても、仕事も実はやれることはあったし、生活をしていくことが出来るんだということも知ることができました。

だから、過去の僕と同じように今悩んでいる人がもし居たら、少しでも参考になればと思い、僕の体験したきたことをまとめてみました。

なぜ無理をして人と関わり合わなければならないのか原因を分析する

当時の僕がまず考えたことはこれでした。

  • そもそも、何でオレは人と関わり合わないといけない生活しているんだっけ??
  • 誰かに強制されてるんだっけ?
  • それとも自分でとりあえず選択してしまっているだけ?
  • 毎日が当たり前になってしまって、単純に嫌だという感情に気付かないフリをしていただけ?

そんな基本的なことから考えていきました。

その結果、シンプルな一つの答えに辿り着きました。

 

生きるために稼がないといけない。稼ぐために人と関わり合って仕事してる。

あれ、、でも本当に人と関わり合わないと、稼ぐことってできないのかな??

自分一人で稼いで生きていくことって出来ないんだろうか?

 

そんな事を考えていました。

そこで一人でも稼いでいけそうな仕事をひたすら調べていきました。

一人でも稼いでいける仕事はあるのか?会社を辞めて生きていけるのか

今となっては、どちらも「Yes」と答えることが出来るのですが、当時は本当に答えが分かりませんでした。

だから、ひたすら調べるしかなかった。。

当時のメモを見つけたところ、以下のような事を書いていました。

 

—メモの内容—

1人でも仕事をしていけそうな職種・・・

パソコンを使う系の仕事なら出来るかもしれない

でも自分にはプログラミングや、ウェブデザインのような特殊なスキルはない。。

Excelやパワポは使えるけれど、それだけでやる仕事なんて恐らくはない。。

1人で仕事をしていて、稼いでいそうな人をまずは調べてみる。

—メモの内容ここまで—

 

本当に断片的なメモなのですが、ぐるぐると思考していたのを思い出します。

そして1人で仕事をして、稼いでいる職業をリストアップしていきました。

 

  • youtuber(ユーチューバー)
  • ブロガー
  • 金融系の投資家
  • 不動産オーナー

正直どれも上手くいきそうにはありませんでした。

なぜならば、、

  • youtuber(ユーチューバー)

→顔出しをしたくない。バーチャルとはいえ、そもそも人とガッツリ関わり合って行かないと成立しなそう・・。

  • ブロガー

イケハヤさんなど有名なブロガーが増えてきているけれど、僕に人を惹きつけるような文才は恐らくはない。。小説家で稼いでいこうとするくらい、かなり難しいのではないか・・。

  • 金融系の投資家

株式投資だったり、FXだったり、投資元本がそもそもないし、それに大きく損をしてしまうようなリスクのある仕事はできればやりたくない。。

  • 不動産オーナー

頑張って中古のマンションの1室を1,000万円くらいでローンなどを組んで買ったところで、利回りが6%とかだったら、1年間で60万円しか稼げない。

これじゃあ、とても生活なんて出来ないし、無理。。

 

調べれば調べるほどに、どんどんと凹んでいったのを思い出します。。

でも、そんな時に運命とも言える仕事を見つけることになります。

それは、アフィリエイトという仕事でした。

 

パソコン1台で悠々自適に暮らせる。しかも最初に特別な知識は不要。

初めにそういった文言を見たときは、めちゃくちゃ胡散臭いなと思いました・・。

そんな仕事あり得ないでしょ!!と。

 

でも半信半疑ながら、実際に自分でやってみて分かりました。

これは本当に稼げる・・。

開始4ヶ月目に1ヶ月で45万円を稼いだ時のことでした。

 

これなら人と関わり合わなくても、仕事をしていけるし、1人でも生きていけるかもしれない!

でも世の中そんなにヌルゲーではありませんでした。笑

人と関わり合わずに生きていくのはそれほど甘くなかった・・

1ヶ月で45万円も上がっていた売上が、徐々にしぼんで行ったのです。

30万円・・・

15万円・・・

7万円・・・

 

目を覆いたくなるように、売上が半減していきました。

ビギナーズラックが続くほど、アフィリエイトは甘くはなかったのです。

 

安定して稼げるようになるのには、知識とスキルが必要不可欠でした。

そしてそこからアフィリエイトについて、本腰を入れて学び始めました。

本などもamazonで売られているものは大体読みましたし、稼いでいるアフィリエイターから話を聞きにセミナーに行ったりもしました。

 

すると、落ち込んでいた売上が少しずつ息を吹き返していきました。

10万・・

15万・・

30万・・

50万・・

100万・・・

 

元々稼いでいた金額を上回って、売上が上がり始めます。

やっぱり、なんのジャンルであっても、正しい知識とスキルを身に付けることは必須であることを思い知るとともに、勉強して良かったと心から思いました。

 

しかし、稼げるようになっていくと、今度はまた例の問題が発生してきます。

それは「人と関わり合わずに生きていく問題」です。

また人と関わり合う生活に逆戻りした・・でも新しいことに気づいた

人と関わり合わないという選択をした僕に待っていたのは、なぜかまた結構人と関わり合う生活でした。

なぜかと言うと、

  • 稼げるようになったノウハウを情報発信してみたところ、コンサル生が増えていった。
  • 広告代理店などの取引先とやり取りをすることが増えた。

これらのためです。

 

でも不思議と前ほど嫌な感情にはなりませんでした。

自分が教えたコンサル生が稼げるようになって、感謝のメッセージなどを送ってきていただけると、とても嬉しいし、励みになりました。

 

そこで、なぜ以前は人と関わり合いたくないと思っていたのかを、改めて考えてみたんです。

嫌いな人と付き合っていると人付き合いが煩わしくなると言う結論

見出しで結論を言ってしまったのですが、実は僕はそのことに気づきました。

職場などで嫌な上司や同僚など、嫌いな人と付き合っていたから、人付き合いが嫌になっていただけで、全ての人と関わり合うのが嫌な訳ではなかったのだと。

 

自分が一緒に居て心地が良いと思える仲間たちとならば、関わり合って生きていくのだって、苦痛にはならないということに気づいたんです。

もちろん、全てに疲れてしまっている時には決してそのようには思えないかもしれないが、一度人との関わりを絶った上で、再び付き合い始めたから、そのように思えたのかもしれません。

一人で稼げる丁度良い範囲を知る

むやみやたらと、稼げるからという理由だけで、人付き合いを広げていくのは僕はもうやめようと決めています。

札束を目の前に差し出されたら、短期的に嬉しいかもしれないですが、長期的にはそれは続かないことが分かっているし、そういう生き方をしたかったから、サラリーマンを辞めた訳じゃないと思っています。

 

それなので、僕が一緒に頑張りたいなと思う人とだけ、アフィリエイトで稼いでいきたい。

今はそう思っています。

もしなかなか人生に希望が見出せない、嫌いな人と関わり合わずに生きていく道を模索したい、と思っている場合には、僕のこれまでの軌跡をまとめたマンガも参考にされてみてくださいね!

yusukeのこれまでをまとめた漫画