どうも!yusukeです!
今回はお問い合わせページの作成方法について解説していきます。

 

なぜお問い合わせページを作るのかというと、
「Googleがアドセンスの審査で必要と言ってくるから」以上。

ぶっちゃけるとそんな感じです(笑)

 

もちろん、サイト管理者と読者との唯一の公式な連絡窓口になるので必要だというのもありますが、

何よりもアドセンスの審査に通すために必要になってくるので作っておく、という方が大きいです。

 

そしてこのお問い合せページを手軽にポンっと作成してくれちゃう便利なプラグインがあります。
それがContact Form 7です。

 

ではそんなContact Form 7の導入手順を確認していきましょう!

Contact Form 7 導入手順の解説動画

 

↓プラグイン検索時のコピペでご利用ください
Contact Form 7

スパム対策は念の為行っておく

お問い合せフォームやコメント欄には、スパムメッセージが大量に送りつけられてしまうリスクがあるので、

スパム対策用のプラグインを別途設定しておきましょう。

 

一度送りつけられてしまうと、メッセージボックスがスパムで埋め尽くされてしまい、本来のメッセージを探すのがとても困難になってしまいます。

設定手順は以下の記事の中で別途解説しています。

【スパム対策のプラグイン】Akismetの導入手順

お問い合せに実際連絡来ることはあるか?

これはぶっちゃけ、ほとんど連絡来ません(笑)
1ヶ月に1回来るか来ないか・・というレベルです。

 

私がこれまでに実際に受け取ったことのあるお問い合せ内容をいくつか紹介したいと思います。


・特定のキーワードで上位表示しているページに、広告を掲載して欲しいという依頼が送られてくる。
→これは来ると少し誇らしい気持ちになります(笑)

 

・ある有名人のスキャンダル記事を掲載したところ、事務所から記事を削除して欲しいという依頼が来た。
→これはネガティヴなパターンです。流石に個別のブログに訴訟を起こされてしまうことは考えられませんが、もしこのような依頼が来てしまった場合には、なるべく早めに対応しましょう。

 

商材やコンサルを売りつけようとする業者からの連絡がくる。
→いちいち、個別のブログを見て営業をかけないといけないような会社は相手にするのを止めましょう。そのようなレベルの人に教わるべきではありません・・。

 

・少し頭がおかしい方からの連絡が来る。
→これは見なかったことにして、ゴミ箱にポイっとしておきましょう。