今回はハピタスの登録手順と使い方について解説をしていきます。

ハピタスは無料で使えるサイトで、アフィリエイトに限らず、生活のあらゆるシーンで使っておくと得するサービスです。

ハピタスとは

ハピタスはいわゆるポイントサイトになります。

そもそもポイントサイトって何?という方は、

以下の動画でなんとなくどんなサービスなのかイメージをつかんでいただければと思います。

 

ハピタスでは、例えばいつも利用する楽天市場の買い物を

ハピタスを経由して買い物をするようにするだけで、

ポイントが貰えたりする仕組みなんです。

 

ハピタスは180万人以上が登録しているので、

ポイントサイトの中では最大級のサイトになります。

ハピタスの登録手順と使い方の解説動画

 

下の画像をクリックしていただくと、ハピタスの公式サイトが開きます。

解説動画の手順に沿ってまずは会員登録から行ってみましょう。

ハピタス

ハピタス利用上の注意点

解説動画の中でも触れていますが、

ハピタスを利用される際には損をしてしまわないように、

以下の点に注意していただければと思います。

 

必ず「ポイントを貯める」ボタンから各ページに移動する

「ポイントを貯める」ボタンから移動せずに、

google検索から直接該当のページを開いてしまったりすると、

ポイントが獲得できなくなってしまいますので注意してください。

 

移動した後は絶対にページを閉じないようする

もし操作の途中でページ閉じてしまうと、せっかく登録したりしても、

ポイントが貯まらないという事態に繋がってしまいます。

もし間違えて閉じてしまった場合には、

もう一度ハピタスに戻って「ポイントを貯める」ボタンから

ページを開くようしましょう。

 

ポイント対象条件を一読しておく

念のため一読しておきましょう。

以下のように、各案件ページで条件の記載がされています。

案件によっては、所定の条件を満たしていないと、ポイントが付与されないケースがあります。

例えばクレジットカードならば、以前に一度解約したことがある場合はNGと書いてあったり、

FXならば所定の取引を行って初めてポイント付与が行われる、と記載されていたりします。

※クレカとFXに関しては、別途詳細な解説動画を用意していますので、

別途そちらを参考にしていただければと思います。

 

ポイント交換

貯めたポイントは換金したりマイル、アマゾンギフト券に交換できます。

アマゾンギフト券やiTunesギフト券だと、

2%分上乗せをしてポイントを交換してくれるので、少しお得です。

 

換金上限額のルール

ハピタスでは一カ月に換金できるポイントは3万円分まで、と決まっています。

ハピタスで3万円以上稼いでしまった場合には、

翌月に残りのポイントを換金するようにしましょう。

 

ちなみに少しハピタスの経営目線で考えてみると、

これはハピタスが企業としてのキャッシュフローを安定させるために

取っている仕組みだと思われます。

 

一度に大量のポイントを換金されてしまうと、

資金繰りが苦しくなってしまう可能性があるので、

このようなルールを導入しているようですね!