先日外部HDD(ハードディスク)に保存していたデータが全て消えてしまい、
5秒くらい時の流れが止まるの感じたyusukeです(笑)

※同じデータをDropboxにも保存していたため、どうにか事なきを得ました。

 

そうです。Dropboxが無かったら、ビジネスが終了していた可能性すらあります・・・

考えただけで鳥肌が立ちます。笑

Dropboxさまさまです。。。

 

という訳で、今回はそんな神ツールのDropboxを紹介していきたいと思います!

Dropboxとは

いわゆるクラウドサービスなります!

クラウドサービスは、インターネット経由でデータを預けておくと、
家のデスクトップパソコンでも、ノートパソコンでも、スマホからでも、
どの端末からでもデータにアクセスできるサービスを言います。

 

また、今回の私のように、
万が一パソコンのデータ消えてしまった場合の、
バックアップとしても活用することができます!

無料だと容量に制限はありますが、それでもほとんどのデータは預けておけると思います!

そんな便利なDropboxなので、使わない手はありません!

Dropbox公式サイト

その他のクラウドストレージサービス

一番直感的で使いやすいので、私はDropboxをオススメしましたが、
Dropbox以外にもクラウドストレージのサービスは色々あります。

会社名 サービス名
Microsoft OneDrive
Google Google Drive
Evernote Evernote

 

Evernoteはノートというジャンルですが、似たような使い方ができます。

実際のところ、私はこの上に書いたサービスは全部使っています(笑)

 

以下は少々マニアックな内容なので、興味のある方のみ読んでみてください。

各サービスごとに微妙に機能差があり、少しずつ使い分けをしています。

 

例えば、OneDriveOfficeのドキュメントを保存するのに向いています。
というのも、Windowsで作成したパワポ資料をMacで開こうとすると、体裁が崩れてしまうんです。

ところが、MacからOneDriveにアクセスして資料を開くと、崩れずにファイルが開ける!
というメリットがあります。

 

Google Driveは、Googleアカウントをゴリゴリ使って、
資料を共有していく時に使っています。

例えば、ライターさんに記事ネタなどを共有したい場合など。

 

そして、Evernoteは、メモなどを書き留めておきたい場合や、
読書の感想記録として使うようにしています。

 

私の使い方以外にも、色々と使い分けはできると思いますが、
私はこんな感じで使い分けをしています^^